最新の塗装情報まとめ

建物の塗装にかかる時間

建物の塗装にかかる時間 塗装工事は建物の種類や施工面積によって工事完了までの日数は異なります。一般的な工事の流れは、現場のチェックに始まり足場の設置を行ってから外壁の高圧洗浄を実施します。その後は窓ガラスなど開口部の養生作業で下準備雨を行ったうえで、塗装と乾燥という工程で進んでいきます。一度塗料を塗って終わりではなく、乾燥させてから何度か上に重ね塗りをしていくという方法が通例ですので、それなりの時間を要します。

足場の設置と高圧洗浄、養生までの準備期間で3日間、実際に塗料を塗り重ねていく塗装工事のメイン作業で4日間から5日間程度、チェック作業や足場の撤去で2日間程度となります。塗装工事は天候が良くないと実施ができないために途中で雨天が続くと工事期間は延びることとなります。一般的な一軒家の住宅では10日から2週間前後の日程を考えておくことが良いでしょう。外壁の面積が広いアパートやマンションなどの建物では、施工期間が長くなることもあります。

塗装の寿命の差異とその理由、そして適切な選び方のポイント

塗装の寿命の差異とその理由、そして適切な選び方のポイント 塗装の寿命は幅広く、最短で3年の場合もあれば最長で20年の場合もあります。
この差異の理由はメーカーが開発した塗料の性質によるところが大きく、例えば3年から7年の耐久性しかないアクリル系塗料は性質とは反比例した低コストです。現在の塗装ではアクリル系塗料は使用されておらず、全体的にバランスの良いウレタンやシリコンなどが主流になっています。現在主流になっている塗料のほとんどは8年から10年の耐久年数であるため、外壁を塗り替えるタイミングは10年になっているわけです。

つまるところ定期的な塗装をするタイミングは塗料で異なっています。
かといって耐久性で選ぶのが正解ではないです。塗装を行う住宅の環境や寿命によって、最適なものが違っています。例えば冬は過ごしやすいものの、夏は日差しが厳しい地域であれば遮熱性に優れた品が好ましいです。とはいえ遮熱性のある品は大抵の場合、コストが高めとなっています。いずれにしてもあらゆる面を踏まえなくてはならないです。