最新の塗装情報まとめ

塗装で建物の色あせ対策

塗装で建物の色あせ対策 塗装が色あせる原因に紫外線や酸化があります。
したがって外的要因にさらされるリスクが少ない箇所ならば長く色が持ちますが、反対の環境だと劣化が早く進みます。
その対策として定期的な塗替えが効果的です。
一般的には10年を目安に考えましょう。
また劣化しにくい塗装を選ぶことも効果的な対策になります。
無機や光触媒、フッ素系の塗料は20年近くもつとされる一方で、アクリルやウレタンは10年ほどシリコンは15年程度とされます。
このように種類で保持期間が異なる点を理解しておきましょう。
さらに劣化が目立たない色を選ぶのも大切です。
たとえば赤と白では色あせの明確さが異なります。
赤は時間経過とともに色の変化が明瞭になりますが、白は汚れについて難点があるものの色の変化は分かりにくいでしょう。
暗色系であれば汚れは目立たない利点があります。
色ごとに目立ちかたの度合いが違いますから、塗装を依頼する際には先を見越した色を選ぶべきです。

耐久性だけではなく外壁塗装で印象を変えよう!

耐久性だけではなく外壁塗装で印象を変えよう! 外壁塗装を行うことで、防水性などをアップさせて家の耐久性を向上させることにもつながります。
耐久性をよくすることで、安心して暮らせる状況を作れます。
ですが耐久性の問題だけではなく、外壁塗装には印象を変えられるというメリットもあげられます。
実際に塗装を行うからといって、以前と同じ色を選択しなければならないという決まりはありません。
明るいカラーを選択することもできれば、ツートンで2色にするのも1つの手です。
今までとは異なるカラーの塗料を選ぶことで、印象を変えて気分転換を行うことにもつながります。
毎日帰る家だからこそ、気持ちよく過ごせるようにしたいと思うのは多くの方に共通している考え方です。
だからこそ塗料にこだわって、より良い形で施工してもらえるようにしましょう。
また塗料を選ぶときは、サンプルと壁に塗ったときのイメージが変わることもあります。
そのためシミュレーションをしたうえで、塗料を選ぶことも忘れてはいけません。