最新の塗装情報まとめ

塗装をし直す効果

塗装をし直す効果 塗装をし直すことで得られる効果は、見た目が美しくなるということだけではありません。地震や台風などの自然の驚異から建物を守るという役割も果たします。
地震大国の日本において、建物を保護する工夫は必要不可欠なものです。建物を保護するための方法には様々なものがありますが、塗装もその一つであるということを知っておきましょう。
台風が多い地域や寒暖の差が激しい地域なども、塗装のし直しによる保護効果が実感出来ます。塗装をすることで得られる具体的な作用についてですが、遮熱や防水や防カビや防水や耐震補強などがあります。
雨が降ったときに建物の中に水が浸入するのを防ぐことが出来る、暑さや寒さや直射日光や雨風や湿気に負けない強い建物になる、美しい状態を長持ちさせることが出来るなどのメリットが得られます。
これらの作用やメリットは、資産価値を高めることにもつながるので、売却の際に有利になるというのも嬉しいポイントです。

雨の日だけれど家の塗装をすることは出来るのか

雨の日だけれど家の塗装をすることは出来るのか家の塗装を始めたけれど雨の日にすることは出来るのかというと、結論としては出来ません。
基本的には中止となりその日は一切塗ることはないです。途中から降りだした場合でも強行することなく作業を中止します。
塗料の種類によっては小降り程度なら行う場合もあります。理由としては塗料が乾きにくいため、しっかり乾燥させないと工程で行う重ね塗りが不十分になってしまうからです。
下塗りの時には問題がなかった場合も塗料に余計な水分が混じってしまうとひび割れの原因になりかねません。
それに加えて塗料に水が混じってしまうと本来なら10年、15年持つはずだった寿命期間が短くなってしまいます。
他には水の影響で薄まった塗料が流れてしまって綺麗な仕上がりにもなりません。ムラが出来てしまい見た目が非常に悪くなる可能性が高いです。
このような理由から雨の日に塗装を塗ることは出来ないです。当日に降った時だけでなく前日に降った時でも水分が残っていると出来ない場合があります。