最新の塗装情報まとめ

防水工事でメジャーな工法

防水工事でメジャーな工法 防水工事とはベランダや屋根など雨風にさらされる場所に施す工事のことで、雨水などの水を遮断し漏水を防ぐために行われます。工事には様々な工法があり、シートで行う工法もあれば塗膜で行う工法などもあります。塗装で行う工法は数種類あり、その中でもメジャーなのがウレタン樹脂やFRPでの工法です。

ウレタン樹脂はゴムのような弾力性と伸縮性の高さが特徴で、ひび割れなどの隙間があっても伸縮するため、隙間などからの浸水を少なくします。ベランダや屋根などの木造系の建物に使用されることが多いです。5年ごとにトップコートを塗り替えれば耐用年数が10年くらいに延びます。
FRPは、編んだガラス繊維のシートの上に液状の不飽和ポリエステル樹脂に硬化剤を混ぜた塗装を塗る工法です。プラスチックの防水層を作り上げ、硬く丈夫にしてくれます。耐水性と耐候性、耐食性に優れており、船やプールなどのように水と接している物によく採用されます。

主に外壁の塗装に使用するウレタン素材の特徴

主に外壁の塗装に使用するウレタン素材の特徴 塗装に使用する素材は数多くありますが、その中で価格の安さと耐水性の高さを両立しているのがウレタンです。スポンジの素材にも使用される程の弾力性がある点が特徴で、仕上がりの見た目にもツヤなどの柔軟性を持たせられます。
ただ耐久性が他の塗料と比べると劣るという弱点があります。頻繁に使用されるのは建物の外壁塗装ですが、柔らかいため物理的なダメージを受けやすいです。また紫外線などの影響も大きいため、比較的短期的な塗装に用いられることが多いです。

しばしば比較対象として持ち出される素材にシリコンがあり、全体的な性能であればシリコンの方に軍配が上がります。しかしウレタンの方が柔軟性があるため、ひび割れが発生しやすいような環境では劣らない可能性があります。塗装に使用する素材の性能は化学技術の進歩によって高くなっていますが、それでもまだ選択肢として挙げられるということは、十分対応できるからだと考えても良いでしょう。